転職ノウハウ

面接官から見た転職理由のその書き方と与える印象について

私は、これまでに数回の転職を経験してきました。その中で、転職理由を書くことの重要性や、その書き方について学びました。また、人事の採用担当者として面接をしてきた経験からネット上でよく検索されている転職理由について例文を参考に面接官にどういう印象を与えてそのあとどういう質問が来るのかを解説していきたいと思います。

転職理由の例文

転職理由を書く際、まずは自分の転職理由を明確にすることが大切です。下記の通り、転職理由の例文を挙げてみたいと思います。

ワークライフバランスについての転職理由例文

「前職では残業が多く、プライベートの時間が取りにくかったため、ワークライフバランスの良い職場を探して転職を決意しました。」

具体的には、「前職では残業が多く、プライベートの時間が取りにくかったため」という、ネガティブな要素を挙げつつも、「ワークライフバランスの良い職場を探して転職を決意しました」と、ポジティブな意図を表現しています。面接官に「仕事とプライベートのバランスを取ることが重要だという自己理解がある」という印象を与えるために、効果的です。また、前職での不満やストレスを表現しつつ、自己アピールをするポジティブな表現が求められるため、このような例文を参考にして、自分なりの転職理由をまとめることが大切です。

鈴木恵
鈴木恵
この内容を聞いた場合、面接官としては、求職者がワークライフバランスの重要性を理解しており、プライベートの時間を大切にする姿勢を持っているという印象を受けました。また、前職での残業の多さにストレスを感じたが、解決策として積極的に転職活動を行い、自分に合った職場を探し出そうとしている点もポジティブな印象を与えます。

ただし、この内容の場合、前職のネガティブな要素を強調している部分があるため、面接官としては、どのようなストレスを感じていたのか、何が具体的な問題点だったのか、さらに詳しく聞きたいと思うかもしれません。そのため、求職者の前職での経験や考え方を深く掘り下げられることも想定して準備をしましょう。

営業職からの転職理由例文

「営業職で働いていたが、自分の得意分野ではなかったため、今後は自分のスキルを活かせる職種に転職することにしました。」

具体的には、「営業職で働いていたが、自分の得意分野ではなかったため」と、現在の職種に対する不満を挙げつつ、「今後は自分のスキルを活かせる職種に転職することにしました」と、ポジティブな意図を表現しています。

この内容は、面接官に「自分のスキルや強みを活かしたいという意思がある」という印象を与えるために、効果的です。また、前職での不満やストレスを表現しつつ、自己アピールをするポジティブな表現が求められるため、このような例文を参考にして、自分なりの転職理由をまとめることが大切です。

鈴木恵
鈴木恵
この内容を聞いた場合、面接官としては、求職者が自分自身のスキルや強みを把握し、それを活かせる職種を探しているという印象を受けます。また、前職での営業職に対する不満があったものの、その経験を踏まえ、自分に合った職種を探し出そうとしているという点もポジティブな印象も受けるでしょう。

ただし、前職での不満について具体的に何が問題だったのか、どのような経験をしたのか、さらに詳しく聞かれると思うので準備をしておきましょう。

残業が多い職場からの転職理由例文

「前職では残業が多く、プライベートの時間が取りにくかったため、より働きやすい職場に転職しました。」

具体的には、「前職では残業が多く、プライベートの時間が取りにくかったため」と、現在の職場に対する不満を挙げつつ、「より働きやすい職場に転職しました」と、ポジティブな意図を表現しています。

この内容は、面接官に「自分のプライベートの時間を大切にし、より働きやすい環境で働きたいという意思がある」という印象を与えるために、効果的です。また、前職での不満やストレスを表現しつつ、自己アピールをするポジティブな表現が求められるため、このような例文を参考にして、自分なりの転職理由を事前に想定しておきましょう

鈴木恵
鈴木恵
この内容を聞いた場合、面接官としては、求職者が前職での残業やワークライフバランスの悪さにストレスを感じ、より働きやすい職場を求めて転職を考えたという印象を受けました。また、ポジティブな言葉で自分の志向性を表現しており、前職での苦労を乗り越え、前向きに転職活動に取り組んでいるという点も好印象を受けます。

ただし、前職での残業について、どのような業務が残業の要因になったのか、解決策を模索した上で転職を決めたのか、さらに詳しく聞く必要があると思います。この辺りは準備をしておく必要があります。

事務職からの転職理由例文

「事務職で働いていましたが、今後は自分のスキルを伸ばせる職種に転職したいと考え、転職を決意しました。」

具体的には、「事務職で働いていましたが」と、現在の職種を説明した上で、「今後は自分のスキルを伸ばせる職種に転職したいと考え」と、ポジティブな意図を表現しています。

この内容は、面接官に「自分のスキルアップやキャリアアップを目指し、新しい職種に挑戦したいという意思がある」という印象を与えるために、効果的です。また、自分自身のスキルに自信を持っており、それを活かせる職種を探しているというポジティブな印象も与えます。

鈴木恵
鈴木恵
この内容を聞いた場合、面接官としては、求職者が事務職で働いていた経験を持っているが、今後は自分自身のスキルアップを目指し、新しい職種に挑戦しようとしているという印象を受けます。また、自己成長意欲が高く、前向きな姿勢で転職活動に取り組んでいるという点も好印です。

しかし、転職先で身につけたいスキルや具体的な職種のイメージが明確に表現されていないため、面接官から質問された際には、具体的な希望や志向性を伝える必要があります。さらに、事務職の経験を活かすことができる新しい職種があるかどうか、掘り下げた質問もされるでしょう。

総じて、自己成長意欲が高く前向きな姿勢を表現しており、一定のポジティブな印象を与えますがでは具体的にどうなのかについて詳しく聞かれると思いますので準備をしておきましょう。

スキルアップのための転職理由例文

「自分のスキルアップのために、より専門性の高い職場に転職することにしました。」

具体的には、「自分のスキルアップのために」と、ポジティブな意図を表現した上で、「より専門性の高い職場に転職することにしました」と、自分が身につけたいスキルや専門性を追求する姿勢を表現しています。

面接官には「自分のスキルアップやキャリアアップを目指し、新しい職場で自分自身を高めていきたいという意思がある」という印象を与えるために、効果的です。また、自分の志向性を明確に表現しており、自己成長意欲が高いという点も好印象を与えます。

鈴木恵
鈴木恵
面接官としては、求職者が自分自身のスキルアップを目指し、専門性の高い職場に転職したいと考えているという印象を受けました。また、自己成長意欲が高く、前向きな姿勢で転職活動に取り組んでいるという点も好印象です。

ただし、転職先で身につけたい具体的なスキルや専門性については明確に表現されておらず、具体的なスキルや専門性を尋ねたり、どのような業界や職種に興味があるのかといった点を掘り下げてくるでしょう。

人間関係が合わなかったための転職理由例文

「前職の人間関係が合わず、ストレスを感じていたため、より働きやすい職場に転職しました。」

「前職の人間関係が合わず、ストレスを感じていたため」と、自分のストレスや不満点を表現した上で、「より働きやすい職場に転職しました」と、自分自身のメンタル面を守るために転職を決意したという姿勢を表現しています。

面接官に「自分自身のメンタル面を守りながら、より働きやすい職場を求めている」というポジティブな印象を与えます。また、自分の不満点をストレートに表現しているため、誠実さや率直さを感じさせる点も好印象を与えます。

鈴木恵
鈴木恵
面接官としては、前職での人間関係が合わなかったことでストレスを感じ、より働きやすい職場を求めているという印象を受けます。また、自分自身のメンタル面を守りながら転職を考え、ストレートに不満点を表現する率直さや誠実さに好印象を抱きます。

ただし、前職での人間関係について詳しく説明されていないため、掘り下げる必要があります。また、今後自分自身が望む人間関係を持てる職場を求めているという点も、ある程度具体的に聞き出し自社と合うかどうかを判断します。

ストレスを感じるような状況下で自分自身を守りながら、より良い職場を求める意思があるという点で、好印象を持ちますが、さらに詳細な状況や職場に対する希望を聞き出し、採用の判断材料とすると思います。

転職理由を書く際には、以下のポイントを意識することが大切です。

自分自身の転職理由を明確にすること。
転職理由について正直に伝えること。
その職種・業界についての知識を持っていること。
転職先で自分がどのような価値を提供できるかを明確にすること。

転職理由の書き方にもポイントがある

また、転職理由には「ポジティブな書き方」と「ネガティブな書き方」があります。

ポジティブな転職理由を示すことが求められる場合、自分のスキルや経験を活かし、より成長できる職場に転職することが一般的です。具体的には、「自分の持つスキルを活かし、新しい環境で成長するために転職を決意しました」といった表現があります。

例えば、営業職から人事部門への転職を検討する場合、「営業職での経験を生かし、人事部門でのマネジメント力を身につけるために転職を決意しました」といった表現が考えられます。このように、前職での経験やスキルを活かし、新しい分野での成長を目指す姿勢を示すことが大切です。

一方、ネガティブな書き方は、前職の不満やストレスなど、ネガティブな要素を強調してしまう書き方です。例えば、「前職の人間関係が合わず、ストレスを感じていたため、転職することにしました」といった表現は、面接官に不安感を与えることがあります。

ネガティブな要素を強調しつつもポジティブな表現をする書き方が求められます。例えば、「前職での人間関係によるストレスを乗り越え、新しい環境で成長を目指すために、転職を決意しました」といった表現です。

また、転職理由がキャリアチェンジの場合には、自分自身が持っているスキルや経験を詳しく説明することが求められます。例えば、金融業界からIT業界への転職を検討する場合、「自分が持っている数値分析力やプロジェクトマネジメントの経験を活かし、IT業界での新たなキャリアを目指すために転職を決意しました」といった具合です。自分自身が持っているスキルや経験を生かし、新しい分野で活躍する姿勢を示すことがポイントとなります。

以上のように、転職理由を具体的に表現し、自分自身が持っているスキルや経験を生かすことを意識することで、ポジティブな印象を与えることができます。

転職理由の書き方まとめ

転職理由を書く際には、自分自身の転職理由をしっかりと把握し、正直に伝えることが大切です。また、ポジティブな書き方を心掛け、自分が転職先でどのような価値を提供できるかを明確にすることが重要です。最後に、自信を持って面接に臨み、新しい環境での自己成長を目指しましょう。

ABOUT ME
鈴木 恵
新卒で某銀行に入社。その後、3年目に転職を決意して金融業界で2社。 産休、育休を経験して現在は業務委託として複数社の業務を受ける 友人の転職相談に乗るうちに、転職アドバイザーとしての楽しさに目覚める。 多くの人の転職活動の手助けをするべくブログを始める。 趣味は読書や旅行で、世界各地を訪れることで異文化に触れることが好き。 また、健康にも興味があり、ジム通いやヨガにも挑戦中。 新刊:失敗しない転職活動をkindleで出版